修復車って大丈夫?

修復歴の内容をチェックしましょう

修復の理由は様々です。
交通事故で、ぶつけたもの、水害で沈んだもの、上から物が落ちて潰れたものなど状況は多種多様です。
一概に修復歴ありでも、場所によっては問題のない車もあるので、だから安いと割り切れるのであればそれもありですが、問題は修理がきちんとなされているかです。
中途半端な修理では、更なる事故につながる場合もあります。
人間の病気のように、一つの問題がボディー全体に影響することも多々あります。
また気分的な影響もありますね。
縁起が悪いと思えば乗っていても楽しさが半減します。
プロ並みにチェックができると自信のある方以外あまりお勧めはできないという事でしょうか。
修復歴なしと記載されているものでも、実はプロも見落とすものが存在するほどですからかなり難しいと考えて良いでしょう。

事故車の定義

修復歴ありの車は殆どが事故車になります。
車の骨格部分の修復が必要な事故があったと考えましょう。
本来は修理工場が記載する記録簿なるものを確認するのが良いのですが、時々前のオーナーの紛失や、現在では滅多にありませんが、改ざん目的の業者が見せないという場合もあることを念頭にいれましょう。

水没や落下による損傷は事故車には当てはまりません。ですから修復歴に記載されてないという事になります。ですがこれらはいわゆる事故車同様、車のメカニックに影響を与える場合がありす。この場合は自分で見極めるしかありません。臭いやドア周り等のゴムの異常な劣化、シートのシミなどですが、なかなか難しいと思えます。
状態によっては修理依頼で済ませることもできますが購入のお勧めはできません。